AGAは昔であれば若ハゲとも呼ばれていたもので、老齢に達する前に男性の髪の毛が失われる状態のことを指します。
髪の毛が失われるだけでは日常生活に悪影響が出ることはありません。
一部の病気から来る薄毛や脱毛を除けば健康保険を使って治すことは出来ませんが、現代ではAGA…つまり若ハゲの原因が研究によって明らかになってきており、有効な薄毛の薬も登場しています。

AGAになる原因としては、男性ホルモンが影響していることが分かっています。
男性ホルモンのひとつであるテストステロンから5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンが生成されます。
このジヒドロテストステロンが頭皮に集まることで正常な発毛サイクルを阻害し最終的に生えてこなくなります。
そもそも毛は成長期、退行期、休眠期の3つのサイクルで絶えず生え変わっています。
ジヒドロテストステロンによってこの発毛サイクルが乱され成長期が短くなったり、休眠期から成長期への移行が行われないといった状態になり、これがAGAの多くの原因と言われます。

ハゲが遺伝するというのはこの5αリダクターゼが多かったり、ジヒドロテストステロンによる発毛サイクルの乱れが大きく影響されるといったことがあります。
多くの場合にはジヒドロテストステロンの影響を受けて薄毛からハゲへとなってしまうのですが、中には影響を受けない人もいます。
このため遺伝しないケースもありますが、残念ながら多くのケースで親がハゲていた場合には子供も将来的にハゲてしまう場合があります。

一方で男性ホルモン以外でも薄毛になるケースがあります。
このような場合には栄養状態が悪かったり、頭皮環境の悪化、また皮膚病などの病気や放射線障害などがあります。
これらは遺伝的に強い毛が生える人であっても、毛が生えてこなくなり薄毛やハゲになる場合があります。
ただいずれも慢性的なAGAとは異なって発症しても適切な対応をすることで薬に頼らずに回復させることができます。

AGAの原因が必ずしも遺伝とは言い切れない

AGAの原因としては一般的に男性ホルモンによるものと考えられており、実際に治す方法でも男性ホルモンへアプローチする方法がもっとも効果を上げています。
男性ホルモンは遺伝的な要素で変わってくるもので、遺伝するということは古い時代からの経験則でわかっていることです。
しかし親がAGAであったからといって、子供が全員AGAになるとは限りませんし、また親がAGAでなくても場合によってはAGAを発症することもあります。
また遺伝が原因で発症しているとも言い切れず、唐突に発症する可能性もあります。

AGAを発症しやすくなるかどうかは、日頃の生活で変わってくると言われています。
基本的に髪は皮膚の一部であり、皮膚の状態が悪ければ当然ながら毛は生えてきません。このため皮膚の状態が、健全な発毛をする上ではもっとも重要です。
特にAGAの場合には頭皮環境の悪化は発症させやすい原因としてよく挙げられます。
頭皮環境は人によって極端に悪化しやすい人もいるため、体内の男性ホルモンよりも外側の皮膚で薄毛やハゲになる人も多くいます。

頭皮環境を悪化させるものとして考えられるのは整髪料の使いすぎやカラーリング、パーマなどで皮膚そのものがダメージを受けることによってジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなるためです。
またジヒドロテストステロンの影響を受けなくても髪質が悪くなるため、毛が生えにくい状態となりAGAの状態になります。
このためAGAを治すためには薬によって男性ホルモンのジヒドロテストステロンの量を減らすといったことだけでなく頭皮環境の改善も行う必要があります。
髪を育てるための栄養をとることも改善するためには重要です。