薄毛に悩むと言えば男性の事をイメージするでしょうが、女性も薄毛になる事があります。
男性の方が多いのですが、以前の様な髪型ができなくなった事や頭頂部の分け目が気になりだす事は女性にも起こっています。
男性の原因はAGAである事が多いです。
AGAは男性型脱毛症と言い、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンという物質に変化する事で発生します。
それにより毛母細胞の分裂が抑制されて抜け毛が多く発生します。

治療には男性ホルモンを抑制する内服療法があります。
原因には男女共に共通する頭皮環境が悪くなった事や、たばこや食生活といった要因があります。
それ以外でも女性が薄毛になる原因があります。それが女性のAGAです。

上記の様に男性型脱毛症の事であり、原因は男性ホルモンです。
その為、女性には関係ないものと思われますが、女性にも少なからず男性ホルモンがあります。
髪の毛を成長させる女性ホルモンのエストロゲンがありますが、このエストロゲンが少なくなって男性ホルモンの方が多くなる事で発生した薄毛の事を女性のAGA(FAGA)と言います。

この様にAGAでも性別により区別されています。それは脱毛パターンが異なるからです。
男性の場合は進行型で放っておくと完全に髪の毛がなくなります。
頭頂部や生え際から広がり、後頭部と側頭部を残して完全に抜けてしまいます。

女性のAGAは全てなくなる事はありません。この男性ホルモン過多の状態でも女性ホルモンは一定量分泌されているからです。
男性とは違い、抜け毛だけでなく髪が細く弱ってしまう症状です。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。成長期・休止期を経て退行期に移り抜け落ちます。
この期間は一般的に女性では5年程かけてサイクルしていくと言われています。男性ホルモンが多くなると、成長期は短く休止期が長くなります。
その為、髪の毛は短く細い症状が現れるのです。原因が究明されている症状であり、治療方法を研究が進められています。
現在では病院で治療を受ける事もできます。

FAGAの治療法は?

AGAはCM等のおかげで認知度も高くなりました。男性の治療方法として病院に相談する事が勧められています。
病院で検査を受け、AGAと診断されれば内服薬が処方されます。同じように女性のAGAも病院で治療を受ける事が可能です。

薄毛にはAGA以外に遺伝性や喫煙習慣や生活習慣、頭皮環境も関わっています。
一概に薄毛がAGAではないので、検査を受ける事で間違った対処をする危険性がなくなります。
病院で診断されると、基本的に男性の場合同様に内服療法になります。

しかし処方されるのは男性の様なプロペシアではありません。
女性にはこの内服薬の使用が禁止されています。
その為、血流改善して発毛を促進させるミノキシジルタブレットが処方されます。

健康保険の適応外の処方なので、治療費は高くなりがちです。
かと言って安いからと海外から輸入して、自己責任で服用する事は特に女性は注意が必要です。
男性に良くて女性には服用できない種類もあるからです。

内服薬で薄毛治療を行う場合、効果が高い反面副作用も大きく出ます。
医師の診断・指示通り活用する事が大切です。内服薬以外にはHARG療法という治療方法もあります。

育毛効果のある薬剤を頭皮に注入して、発毛を促す方法です。痛みも少なく効果も早く出ますが治療費は保険適応外なので高めです。
どの方法も定期的に通院する必要がありますが、効果は立証されています。
費用を検討して選択できます。

女性のAGAは加齢による女性ホルモンの減少や、無理なダイエット等の生活習慣の乱れによるホルモンバランスの乱れが要因です。
男性の様に進行性ではなく、生活習慣を改善する事で薄毛の改善にも繋がります。
医薬品は副作用の心配がある方は、サプリメント等で治療していく方法もあります。
男性型脱毛症とは違い女性のAGAは比較的治療しやすい症状です。
育毛に関する製品や医薬品と、生活習慣を整える事で改善していきます。