薄毛や抜け毛の症状が気になって、育毛剤で頭皮ケアをしているという男性も多いでしょう。
ただ、男性の場合は育毛剤でケアしても、薄毛の進行をストップできないケースもあります。
AGA「男性型脱毛症」という脱毛症を起こしている場合、いくら育毛剤で頭皮をケアしても薄毛はどんどん進行していきます。

AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの作用によって、薄毛の症状が現れる脱毛症です。
体の中で作られる男性ホルモンが引き金となっているので、いくら育毛剤で頭皮ケアを行っても、薄毛を止められません。

ですが、「プロペシア」という治療薬であれば、AGAを改善し薄毛の症状を解消する事ができます。
プロペシアはピンク色がかった錠剤です。
1日1回、1錠を服用するだけでAGAを解消できる画期的な薬として、世界中で広まりました。

プロペシアにはフィナステリドという有効成分が配合されています。フィナステリドは5α還元酵素阻害薬に分類される薬です。
AGAは5αリアクターゼという酵素の作用によって薄毛が引き起こされます。
この酵素は男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンへと変えてしまいます。
すると、毛根部分にある毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体とジヒドロテストステロンが結合してしまい、髪の成長をストップさせてしまう・髪が作られにくい状態へと変えてしまうのがAGAのメカニズムです。

フィナステリドはAGAを引き起こすジヒドロテストステロンを作り出す、5αリアクターゼ酵素の働きを阻害する効果を発揮します。
薄毛を招くジヒドロテステロン自体が作られにくくなるため結果、AGAの進行をストップする事が可能です。
錠剤を服用するだけで男性特有の薄毛を解消できるプロペシアは、薄毛に悩む方にとって救世主的な存在と言えるでしょう。

薄毛治療を行っているクリニックであれば、大半でプロペシアは処方されています。
まずはクリニックに薄毛の相談を始めてみる所から、薄毛治療にチャレンジしてみる事をおすすめします。
または、クリニックを利用せずにプロペシアを使うにはネット通販を利用するという方法もあります。

プロペシアの効果が現れるタイミングは?

AGAの治療薬としてポピュラーに処方されている「プロペシア」ですが、治療を行うにあたって「どのくらいで効果が現れるのかタイミングを知りたい」という方も、多いのではないでしょうか。
治療のモチベーションを維持するには、やはり効果が目に見えて分かるという事が大切です。
発毛効果が現れる期間は個人差もあるでしょうが、平均してどのくらいのタイミングで効果が出るのかを事前に確認しておけば、治療を受ける目安にもなります。

プロペシアでの治療を始めてから、約3か月間服用を続けたという場合、抜け毛が減少する・生え際に産毛が増えたように感じる方が多いようです。
一般的に服用を開始してから約3ヶ月程度では、目立った変化は現れません。

治療の効果が見え始めるのが服用を始めてから、約6ヶ月程度の期間が経った時です。
この頃になると産毛が太く・長く成長してきます。薄毛が少しずつ目立たなくなるのもこの時期です。
治療を開始して約6か月程度には、身近な人から「髪が生えたのでは?」と指摘されるかもしれません。自分でも髪が増え始めたと実感し始める時期です。

服用を始めてから1年も経つと、かなり薄毛の状態は改善されます。
あきらかに髪のボリュームがアップした、後退していた生え際が前進してくる、抜け毛も減ったと感じる事ができるでしょう。
この時期になるとたまにしか合わない人からも、髪の変化を指摘されるケースが増えます。

プロペシアは服用して1週間・2週間と短い期間では、発毛の効果は現れません。
ですが3ヶ月・6ヶ月・1年と服用を続けていれば、少しずつですが髪に変化が起こります。
AGAによる薄毛に悩んでいるという方は、根気よくプロペシアでの治療を続けてみてはいかがでしょう。