髪の毛の手入れは色々ありますが、代表的な事としてはシャンプーを毎日行うでしょう。
シャンプーは髪の毛の汚れ以外に、頭皮の汚れも除去する目的があります。

薄毛対策の為に毎日しっかり行う方は多いです。
皮脂で頭皮の毛穴が詰まると薄毛の原因になるとも言われています。
ですがそれは皮脂がたくさんでる方の事であり、逆に脂が足りなくて頭皮が乾燥している人もいます。
この乾燥する事も薄毛の原因になります。
そう言った事から、シャンプーを毎日してしまうと、余分に必要な皮脂も取り除いてしまいAGAになってしまうと噂が流れている程です。
結論から言って、シャンプーのし過ぎでAGAにはなりません。

薄毛の原因全てがAGAではありません。
AGAで薄毛になるメカニズムは、男性ホルモンが結合して発生する物質により、毛母細胞の分裂を抑制する事ですそれにより、ヘアサイクルという成長から退行というリズムを乱してしまう事で薄毛になるのです。
つまり頭皮環境によってのものはAGAではありません。
薄毛の原因はAGA以外に皮脂が異常に多い事で毛穴が詰まって酸欠状態になり抜ける事や、逆に足りない事で抜ける場合があります。

皮脂は乾燥や刺激から頭皮を守るバリアです。勿論雑菌からも守ってくれます。
足りないのも悪く、多いのも悪い事になるので、バランスが重要です。
シャンプーのしすぎでAGAになるのではなく、正しくシャンプーしないので頭皮環境が悪くなり薄毛になるが正解です。

男性用と女性用のシャンプーでは、内容成分が違います。
男性用は爽快感が得られるタイプが多いです。これは男性ホルモンが皮脂の分泌に作用する背景があるからです。
逆に乾燥する方もいるので、その方用の保湿成分が含まれた製品もあります。
まずは自分の状態を必要なら皮膚科等で確認し、頭皮状態に合ったシャンプーを選択する必要があります。

男性によいと評価が高いのでは、アミノ酸シャンプーです。
人間の髪の毛を構成しているのもアミノ酸です。だから肌に優しく余分な刺激を頭皮に与えない特徴があります。
薄毛はAGAと決めつけず、頭皮環境を整える対策も検討する必要があります。
乾燥するタイプの方に皮脂を除去するシャンプーや、皮脂が多い方に除去せず潤いを与えるものでは逆効果になります。

正しいシャンプーの仕方とその後の方法

シャンプーの頻度ややり方によって薄毛になるという噂は以前からありました。
結論を言うとそれはデマであり、シャンプーを毎日しても、薄毛になる可能性は限りなく低いです。
しかし適切な頻度と、自分の状態に合った成分を使用する事を怠ると抜け毛の原因にもなります。

シャンプーの適切な頻度は年齢や状態によって変わります。
毎日1回しっかり行う事はダメではないです。ただし乾燥する方は、状態によっては2日に1回でも良い場合があります。
この事は医療機関の専門家に聞いて実施する事が適切と言えます。
頻度はそれ程重要ではありませんが、重要なのはシャンプーの選び方と正しい仕方です。

自分に合ったものを選ばないと、頭皮に悪影響を及ぼします。
ノンシリコンやアミノ酸系のと言った様に情報が錯綜しています。何度も言いますが、頭皮環境は人それぞれです。
万人に合う製品は少ないです。状態に合わせて使い分けていく事が大切です。
皮膚科等で状態を知り、その対策用の製品を使用する事が適切です。

続いてシャンプーの仕方ですが、爪を立ててゴシゴシ洗うと、爪で頭皮を傷つけてしまいます。
指の腹でマッサージする様に洗う事が正しい洗い方です。
流れとしてはブラッシングしてからぬるま湯で素洗いして、シャンプーを手で泡立ててから髪の毛と頭皮をマッサージする様に洗います。
ブラッシングと素洗いで汚れのほとんどは落ちます。だからゴシゴシ洗う必要はないのです。
この後の髪を乾かす方法やその後のケアで、より薄毛予防・改善が期待できます。
頭皮がきれいな状態なので育毛チャンスと言えます。

ドライヤーの熱は当てすぎると、髪の毛のアミノ酸を壊す危険性があります。
ドライヤーで乾かすのではなく、タオルで水分を除いて最後に短時間使用する程度に留めると良いでしょう。
そうする事で髪の毛にも頭皮にもダメージを与えずに済みます。

育毛剤は頭皮の毛穴に浸透させることで、より効果を増します。洗髪後の頭皮・毛穴は皮脂や雑菌のないきれいな状態です。
浸透しやすいので適量を付けて、シャンプーと一緒で頭皮を傷つけない様に、指の腹でマッサージします。
そうする事で血流も良くなり、髪の毛にとって良い環境が作れます。